本文へ移動

TOPICS

学部・学科概要のご紹介☆
2020-10-02
本学は、「国際文化学部 キャリア創造学科」の1学部1学科の単科大学です。
2021年4月より、カリキュラム変更予定です。
 
グローバル社会で幅広く活躍する人材を育成するため、
3つの言語(英語・中国語・日本語)を柱とした語学力を養成。
また、国際的なコミュニケーション能力の習得に加え、語学力+αのビジネス能力の習得を
目的とした教育を行います。
以下の<3つの言語>と<4つの系統>をご覧ください。
 
<3つの言語> (英語・中国語・日本語
1年次に選択必修として(英語・中国語・日本語)の中から第二言語を選択し、
基礎から段階的に学びます。日常会話からのビジネスシーンで使える「読む」「聞く」
「書く」「話す」の4技能をバランス良く習得するとともに、コミュニケーション能力や
自らの考えをアウトプットできる力を習得します。
 
<4つの系統> 経済・経営系情報メディア系観光文化系公共政策系
高度な「語学力」を習得するとともにグローバル社会で必要とされる3つのビジネス能力
(ビジネス・キャリア能力、国際文化理解力、グローバルビジネス能力)を養成。
2年次より、それぞれが目指すキャリアに合わせて4つの系統のカリキュラムの中から
自由に組み合わせて横断型に履修し、「語学力」と「ビジネス能力」を習得します。
 
 
<学びのステップ>
4つの系統 学びの特長 専門科目
目標とする
キャリアイメージ
経済・経営系
ビジネス理論から
実践まで幅広く学び、
社会で成果を上げる
発想力と実践力を育成 
●マーケティング   ●経済
●マネジメント    ●会計
●スポーツビジネス  ●統計
●プレゼンテーション       など
●グローバル企業、貿易商社
●金融・保険・証券、サービス業
             など
情報メディア系
一方向・双方向に
情報を伝える仕組みを
多角的に学ぶ
●データサイエンス ●プログラミング
●情報システム   ●情報セキュリティ
●コンピュータ   ●メディア
●機械学習とAI         など
●情報サービス
●通信・出版・放送業
             など
観光文化系
歴史や伝統、文化、
観光資源を学び、
企画力・情報発信力を
磨く
●国際関係論     ●比較文化
●多文化社会     ●先住民
●歴史文化      ●アイヌ史
●北海道文化     ●観光   など
●運輸(鉄道・エアライン等)、
 港湾
●ホテル、リゾート施設、観光業
             など
公共政策系
社会を創るために
問題解決を提案・
実現する能力を養成
●地方自治      ●地方行政
●地域産業      ●社会福祉
●協働と対人関係   ●憲法
●ジェンダー論    ●政治   など
●公務員(国際公務員・
 国家公務員・地方公務員など)
●JICAなどの国際機関、学芸員
             など
 
 
このように国際的なコミュニケーション能力を含め、土台となる語学力だけでなく
グローバルビジネスシーンで特に求められる「ビジネス能力」として以下の3つを掲げています。
 
1.ビジネス・キャリア能力
      課題解決力や主体性、計画力などの社会人に求められる実践的な力
 
2.国際文化理解力
      伝統、歴史、食文化などの異文化や多様な考え方・価値観に対応できる力
 
3.グローバルビジネス能力
  経済、社会、貿易などの世界の動向を正しく理解し、読み解く力
 
これらを習得することによって、産業界で即戦力となるグローバル人材を育成します!
 
 
 
TOPへ戻る